Please reload

記事一覧

あぶらやの宿装飾-鶴と亀

August 30, 2017

【鶴】
古くは「たず」と呼ばれ、平安時代以降に「鶴」と呼ばれるようになったようです。
古来より「鶴は千年」といわれ「長寿を象徴する吉祥の鳥」として、また夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから「夫婦鶴=めおとづる」といわれて「仲良きことの象徴」の鳥として、鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから「天に届く=天上界に通ずる鳥」といわれるなど、民衆の間に「めでたい鳥」として尊ばれてきました。
【亀】
浦島太郎の話では龍宮城の使いとされていますが、古い中国では仙人が住む不老長寿の地として信じられた逢莱山の使いとされ、大変めでたい動物とされていたようです。
日本においても「亀は万年」と言われて、鶴とともに「長寿を象徴する吉祥の動物」とされ、めでたい生き物として尊ばれています。また、甲羅の紋様の六角形は吉兆を表す図形ともされています。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow Us
Please reload

タグ一覧
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

金沢町家 あぶらや

〒920-0862 石川県金沢市芳斉2丁目5番12号

​金沢市指令収衛指第15116号

  • YOU TUBE
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Pinterest Icon

大正 あぶらや

〒506-0025 岐阜県高山市天満町3丁目82番2号​

​​岐阜県指令飛保第76号の18

©株式会社ワンズウェイ All Rights Reserved.​

SAKURA あぶらや

〒506-0025 岐阜県高山市天満町3丁目83番4号​

​​岐阜県指令飛保第35号の22