あぶらやの宿装飾-太鼓

日本における太鼓の歴史は非常に古く、古墳時代 (3世紀末~6世紀) には日本に太鼓が存在していたことがわかっています。日本神話の天岩戸の場面でも桶を伏せて音を鳴らしたと伝えられています。 太鼓の鼓動が人間の心臓の鼓動に「シンクロ」することによって自らを鼓舞する性質があるという説もあり、戦における太鼓の使用はこの説に従えば有効な活用されていました。

​自らを鼓舞したい方は、是非一打ちしてください!!

タグ:

記事一覧